NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery


千木良宣行展 「わが武蔵野」を見る

  1. 2017/10/18(水) 19:48:39_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
むさしの4
千木良宣行展 「わが武蔵野」


いつも西支部勉強会で会員の作品を精力的に指導している

千木良宣行さんの個展「わが武蔵野」を初日に見てきました

武蔵野をテーマに描いた油彩・水彩の作品がまとめて見られる              

見応えのある個展になっています        



むさしの2


いつものことながら毎年2回程度の個展をしていることにまず驚くのですが                       

そのエネルギー、絵に真剣に向かう姿勢に感嘆しています

今回も「武蔵野」という大地に本気でむかい                    

深い愛情をもって描いている姿が作品を通して伝わってきます


むさしの6


どの作品も武蔵野の風景をあたたかい目で                           

見つめていて、作者の息づかいを感じます

「花見ごろ」「寒に入る武蔵野」「武蔵野の春」「天馬の広場」などをはじめとして

充実した作品が並びます

小品ではありますが                              

「初雪の武蔵野」「光の春」「朝の武蔵野」「武蔵野の秋」など

印象に残る作品はいくつもあります



むさしの3




「朝の武蔵野」という3号の作品は画面の7割程度が                

武蔵野の赤い大地をおだやかに表現していて

3号とは思えない大きさと存在感を伝えています


むさしの1


この個展を見ていると若い頃読んだ国木田独歩の「武蔵野」をもう一度読みたくなります

次の一節は私の好きな文章です



武蔵野に散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向くほうへゆけばかならずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。武蔵野の美はただその縦横に通ずる数千条の路を当あてもなく歩くことによって始めて獲えられる。春、夏、秋、冬、朝、昼、夕、夜、月にも、雪にも、風にも、霧にも、霜にも、雨にも、時雨にも、ただこの路をぶらぶら歩いて思いつきしだいに右し左すれば随処ずいしょに吾らを満足さするものがある。これがじつにまた、武蔵野第一の特色だろうと自分はしみじみ感じている。武蔵野を除いて日本にこのような処がどこにあるか。北海道の原野にはむろんのこと、奈須野にもない、そのほかどこにあるか。林と野とがかくもよく入り乱れて、生活と自然とがこのように密接している処がどこにあるか。じつに武蔵野にかかる特殊の路のあるのはこのゆえである。(国木田独歩「武蔵野」から)


個展会場に展示された千木良さんの作品から伝わってくるのは   

私には欠けているものばかりでありますが

絵に向かう厳しいまでの覚悟とあたたかさ

武蔵野への愛着と謙虚な姿勢、愛情のように感じました



むさしの5
    50号の「木漏れ日」の前で  右が千木良宣行さん 左は私です



千木良宣行展 「わが武蔵野」は「ギャラリー風画」で10月29日まで
(月・火休廊)10:30~18:00
さいたま市西区内野本郷971-6
℡ 048-625-0521
スポンサーサイト

子ども作品展への招待出品

  1. 2017/10/07(土) 20:13:39_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
子ども作品展1

最後に勤務した職場のあった地域で組織する「子どもサポート委員会」から              

今年も「子ども作品展」への招待をいただきました

この作品展も今年でもう10年続けてきたことになります

過ぎてみればあっという間の10年ですが

毎年5,6点の作品を地域の子どもたちの作品と一緒に展示することができ

私にとっては貴重な作品展の一つとなっています


会場に搬入に行くと 展示スペースとしてパネル3枚分が用意していただいてあり

用意していった6点がちょうどうまく展示できる壁面スペースでした


展示されている小、中学生、養護学校の生徒の作品はどれもすばらしいものばかりで

作品から伝わってくる意欲、表現の喜び、いっしょうけんめいさに          

今年も子どもたちから大きな力をいただきました

表現の喜びというのは大人も子どもも変わらないものがあると感じるひとときです



子ども作品展2


その中に私の作品も展示させてもらいました



子ども作品展3




子ども作品展4




展示した6点の作品を一つずつ紹介します


子ども作品展6
「ひととき」      12号  

人物はむずかしいといつも感じています
それだけになんとかまとめることができたとき ほっとするものがあります




子ども作品展5
「スカイツリー建設工事中」       20号                                                      
今回展示する作品を考えていたときに、スカイツリー建設現場を描いたこの絵があることに気づき、                   子どもたちに見せるのにちようどいい資料になるかと思い展示してみました。                                 私にとってもとてもなつかしい一枚です




子ども作品展7
「ひまわり」      10号                                                                    
ひまわりには尽きることのない魅力がありますが、作品にするのはむずかいと描くたびに思います




子ども作品展9
「ドライフラワー」    10号                                                                
あじさいはドライフラワーになってもまた違う魅力を感じさせる素敵な花です




子ども作品展8
「秋の小川」       15号                                                               
ブログでは一度紹介している作品ですが水と秋の風景にはたまらない魅力を感じます



子ども作品展10
「野仏」        20号                                                                

こういう絵も描けるようになりたいと念じて描いてみましたがなかなかです






小野浩写真展「ネパールを歩く・・・」~ヒマラヤの輝く瞳に出会って~を見る

  1. 2017/07/01(土) 09:55:11_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
オデッサ

毛呂山町のギャラリーで開催中の詩人の小野浩氏の

ネパールの写真展を見て来ました。

案内によると2000年、ネパールの登山家、田部井淳子さんの「エベレスト登頂25周年パーティー」があり、参加させていただいたとき、カトマンズやポカラを歩き、「輝く瞳」に出会った写真の作品展です。                        


輝く瞳2



考えてみるとこれらの写真は今から                        

17年前に撮影されたということになりますが                   

とても新鮮で迫ってくるものがあるのはなぜなのだろうと              

考えながら一枚一枚見せてもらいました。



輝く瞳


ヒマラヤの子ども、瞳、 に焦点をあてて撮影している姿に

小野氏の思い、情熱、伝えたいものが写真を通して語っているように思います。   

私もヒマラヤの「輝く瞳に出会って」よかったなと思います。        

ありがとうございました。



また、坂戸市のギャラリー月桂樹では

日本水彩展や東光展で活躍され、日展にも2年連続で入選している村松泰弘氏の個展が開催され

水彩画の100号の力作をいくつも見せてもらうことができました。                 

圧倒的な力量と絵に向かうエネルギーに驚愕の思いで見せていただきました。

精力的に描かれているたくさんの作品に圧倒されるとともに

会場の作品全体から漂う心が洗われるようなやさしさを感じることができ

ここでもたくさんの刺激をいただくことができました。                   





私の方はこのところ「ウエスタ川越」で                      

ウニクスの商店をスケッチしています。

点景人物をライブで描くことをねらいとしてみましたが                     

まだまだ練習が必要です。            



えんぴつデッサン



スケッチの中に人がいると絵の雰囲気が変わります。                          


ウニクススケッチ



さらに精進したいと願うところです。                    



千木良宣行展・「花と雪」を見る

  1. 2017/05/15(月) 18:34:00_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
珈香理1


川越のギャラリー喫茶「珈香理」で開催中の

千木良宣行展・「花と雪」を見てきました。

今の新緑の時期に油彩画の「花と雪」というテーマを選んでの個展に

千木良さんの哲学・センスを感じます。

いつも精力的に西支部勉強会をリードし

毎回の勉強会にたくさんの作品を持ってくる姿に感心していますが

このギャラリー喫茶「珈香理」で開催する個展が27回目ということです。

毎回テーマを設定しての個展であり、驚くべきことです。                        

珈香理2

「継続は力なり」を地でいく生き方に改めて                    

驚愕の思いでゆっくりと見せてもらいました。

ここ以外の会場でも毎年いろいろなところで個展をされていることを考えると

もう個展は通算で何回くらいされたのでしょう。


案内のハガキにある「会場が、華やかな雰囲気になるのを期待して・・・」

という言葉どおり温かく華やかな雰囲気に包まれた個展です。


池の桜や川越の名所の桜、                            

点景人物と桜など工夫している表現が印象に残ります。

珈香理3

「雪折れ竹」という3号の油彩が印象に残りましたが

三国街道沿いの古い温泉で、雪で折れた竹を見つけたとき

心中に閃くものがあり、作品になったようです。

こういう何気ない一本の竹から閃く感覚が                     

絵や芸術を支えているのだろうと感じました。



本日千木良さんからいただいたメール便を読んでいると次のような言葉がありました。



「近頃描いていると『自分の宿命だったのか?』、『絵描きは運命であり、それに従って描いている』。という感覚がときに

あるのです。」

文章の中の一部分の引用なのですが、気持ちが痛いほどよく伝わってきます。



千木良宣行展・「花と雪」は5月21日(日)まで
ギャラリー喫茶「珈香理」定休日水・木曜日

MINAMO

  1. 2017/04/22(土) 08:04:07_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:2
MINAMO-1

               MINAMO      50号F


昨年の県展に出品した作品ですが                        

まだブログにだしてないことに気がつきました。

いつものことですが 会場で撮影した写真なので見にくくなってます。

県展にはここ3年ほどは波紋の作品を発表してきました。

今年はやはり水に関係した作品ですが                                                        

今までとは 少し趣を変えた作品にしたいと思い準備しています。                          



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

スケッチや水彩画を楽しんでいます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

                 








↑↑よろしければ、応援のクリックをお願いします。!  今日も良い日でありますように。↑↑

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3390位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
318位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR