NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery

「あきずに」 「楽しみながら」


槻川の輝き

  1. 2017/02/07(火) 13:26:14_
  2. 武蔵の小京都小川を描く
  3. _ comment:2
槻川の輝き


「槻川の輝き」 15号


1月に毎年参加している「小川を描く展」がありました。

見学は最終日で搬出を兼ねてとなりました。

15号という大きさの水彩はしばらくぶりに描きました。



搬出を待つまで時間が少しあったので

会場裏の槻川をTさんの案内で散策しました。

山あり川ありの美しい町で                           

昭和の時代を感じる風景が残っていて感銘を受けます。

              



槻川散策



板2枚を渡した橋を渡り向こう側に渡ると                     

また別の世界が広がります。                  

時間があればゆっくり歩いてみたい槻川の風景です。



槻川散策2

スポンサーサイト

絵画と音楽と

  1. 2016/03/01(火) 12:51:14_
  2. 武蔵の小京都小川を描く
  3. _ comment:2

武蔵の小京都おがわを描く展は最終日に                      

ようやく見に行くことができました。


伝統工芸会館は入り口を入るとキラキラと輝くつるし飾り、                        

つるし雛で華やかな雰囲気につつまれています。



つるしかざりWeb


今年は音楽家のS先生が審査員ということで幸運にも

先生のピアノ演奏と曲の解説など聞くことができました。

音楽家としての思いや願い、音楽と美術に対する思いなど                  

ピアノ演奏とともに感銘を受けました。


ショパンやドビュッシーについての解説とピアノ演奏。                   

葛飾北斎やモネ、ドビュッシーとのかかわりの話              

ドビュッシーの楽譜の表紙の北斎の絵                      

楽譜の実物を見せてもらいながらの話は印象に残ります。                             






「冬の槻川」

  1. 2016/02/24(水) 21:10:12_
  2. 武蔵の小京都小川を描く
  3. _ comment:0
Web冬の槻川

「冬の槻川」 3F


「武蔵の小京都おがわを描く展」が開催されています。
 
この3~4年、槻川をテーマに出品しています。 

今年は槻川の堰のある風景で「小川の輝き」を搬入しました。


「武蔵の小京都おがわを描く展」は2月28日(日)まで
埼玉伝統工芸会館特設ギャラリー




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

風景画やスケッチを中心にして人物も描いてます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

EXHIBITION
私が参加する展覧会はこちらからご案内します。                 








↑↑ ブログランキングに参加してます。! いつもありがとうございます。 今日も良い日でありますように。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
4894位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
548位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR