皇居・東御苑 雑木林

  1. 2015/01/27(火) 20:32:20_
  2. スケッチ
  3. _ comment:0
皇居・東御苑 雑木林

       「皇居・東御苑 雑木林」            F6



「松の廊下」や「大奥」から少し離れた雑木林で

木々との対話をし

葉の一枚一枚の向きや並び方を見つめ

歴史を感じるひとときです。




スポンサーサイト

皇居・東御苑 二の丸庭園 

  1. 2015/01/25(日) 08:46:31_
  2. スケッチ
  3. _ comment:0
東御苑・日本庭園

           「皇居・東御苑 二の丸庭園」    F6



静寂という言葉がぴったりの日本庭園。

あたたかくなったら

また訪ねたい風景です。






「天王洲アイル」 ーその2ー 

  1. 2015/01/24(土) 06:00:30_
  2. スケッチ
  3. _ comment:2
縮小500天王洲アイル2

「天王洲アイル」ーその2ー    F6


風が少し吹くと

海面はサーッと表情を変える。

さっきまで水に映っていた建物の影は消え

白く光り波立ちながら輝いている。

一瞬 一瞬の                                  

水の表情の変化を見つめながら

海からの風に吹かれている。





天王洲アイル

  1. 2015/01/23(金) 06:03:52_
  2. スケッチ
  3. _ comment:0
縮小360天王洲アイル

       「天王洲アイル」   F6


ここはおいしいビールが飲めるところ。

ビールを飲んでいる人たちを遠くに見ながら

スケッチしたのを思い出します。





「昆布干し」

  1. 2015/01/22(木) 07:23:20_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:0
縮小400昆布干し

     「昆布干し」       F4


朝のひととき ペシ岬海岸で                           

昆布を干している人に会った。

昆布は日の出とともに輝く太陽に照らされて輝いていた。

それを見ている私の心も輝いていた。





「礼文島が見える」 ー利尻島沓形岬公園からー

  1. 2015/01/21(水) 06:35:53_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:2
縮小370利尻沓形岬公園
    「礼文島が見える」      ハガキサイズ



ここ沓形岬公園には利尻町出身の作詞家「時雨音羽」さんの詩碑                      

「出船の港」が建てらています。

「時雨音羽」さんはたくさんの有名な曲の作詞をされていて

文部省唱歌の「スキー」もその一つです。                

スピード感のあるスキーの醍醐味を感じさせる曲で

小学生の頃音楽の時間に歌っていたのを                           

なつかしく思い出します。

この曲には利尻の山・海・空の想いが込められていたのだと           

今回の旅で改めて知ることができました。


「スキー」

作詞 時雨音羽
作曲 平井康三郎


(1) 山は白銀(シロガネ) 朝日を浴びて (ランランランラン)

 滑るスキーの 風切る速さ (ラララ)

 飛ぶは粉雪(コユキ)か 舞い立つ霧か (オオオ)

 おお この身も 駆(カケ)るよ駆る

(2) 真一文字(マイチモンジ)に 身を躍(オド)らせて (ランランランラン)

  さっと飛び越す 飛蝶(ヒチョウ)の翼 (ラララ)

  ぐーんと迫るは 麓(フモト)か谷か (オオオ)

  おお 楽しや 手練(シュレン)の飛躍(ヒヤク)


3) 風をつんざく 左へ右へ (ランランランラン)

  飛べば踊れば 流れる斜面 (ラララ)

  空はみどりよ 大地は白よ (オオオ)

  おお あの丘 われ等を招く





「澄海岬」 ーその3ー

  1. 2015/01/20(火) 06:09:18_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:0
縮小スカイ岬370
     「澄海岬」 ーその3ー    ハガキサイズ


透明度が高く青く美しい海が見える。

断崖絶壁とむこうに広がる草原。

南の海のような雰囲気も感じる。


集合時間ぎりぎりまでスケッチをして

時計を見ながら坂道をかけ足で降りる。



わずかの時間でも現場でスケッチをしておかないと                   

後になってからそこを絵にしようとしても                      

絵は描けないと思うから。   






澄海岬Ⅱ

  1. 2015/01/19(月) 06:17:30_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:0
縮小スカイ岬300
 
      「澄海岬Ⅱ」      ハガキサイズ


澄海岬の海はおだやかである。

ヨーロッパのどこかの国の海を見ているようで

ここが北のさいはてであることを忘れてしまう。






澄海(すかい)岬

  1. 2015/01/18(日) 07:06:13_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:0
縮小500

                「澄海岬」       サムホール


礼文島の澄海(すかい)岬は澄んだ海の美しい                   

イメージそのままの岬です。


ガイドさんの説明では

中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って」のプロモーションビデオは、          

この澄海岬で撮られたということです。

都会から来た医者・コトー先生が、南国の孤島・志木那島で             

奮闘するというドラマで、                            

中島みゆきさんはこの絵の右の位置に立って歌っているという話です。


澄海岬は美しすぎて                               

絵にするのはむずかしいというのが実感です。




「礼文島の小さな港で」

  1. 2015/01/17(土) 08:28:48_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:2
縮小500利尻島の漁港
            
                 「礼文島の小さな港で」    F4


西支部の8月スケッチ会は利尻島、礼文島です。


礼文島の香深(かふか)港につくとたくさんの警察官や地元の人が

デッキブラシや箒を持って並んで待っていました。

利尻、礼文ともに悪天候で礼文島では死者もでている状況で

ニュースでも報道されていました。

私にも家族から携帯電話で                          

「礼文島の水害事故の様子を報道しているけれど大丈夫なのか」            

という連絡が入ってていました。



バスを待っていると港の前の道路にコンクリートミキサー車がやってきて

移動しながら多量の水を道路に流し始めました。

その後に続いて、デッキブラシや箒を持って並んで待っている人たちが

いっせいに道路を洗い始めます。

「ごくろうさまです」「ありがとうございます」の                 

声があちらこちらから上がります。



大変なときに訪ねてきたのだなと実感します。

結局その日の観光は桃岩展望台と桃台猫台が閉鎖のため

行けませんでしたがその他のところは訪ねることができました。


2カ所の観光がなくなったので 早めにホテルに入り                           

夕方はホテルから歩いて5分くらいのところの

小さな船が並んでいる小さな港で礼文島 港のスケッチの           

ひとときを楽しむことができました。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

スケッチや水彩画を楽しんでいます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

                 








↑↑よろしければ、応援のクリックをお願いします。!  今日も良い日でありますように。↑↑

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3075位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
305位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2015 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR