NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery

「あきずに」 「楽しみながら」


埴輪の詩

  1. 2015/04/30(木) 08:36:52_
  2. 静物
  3. _ comment:0
Web埴輪の詩

「 埴輪の詩」    F20


水彩画をはじめたのが6年前で

その1年後に小さなグループ展があって

水彩画を出品しようと決めて                          

その作品展に向けて描いたものです。

                       
郷土資料室に置いてあった埴輪のいくつかを並べて

迷いながらあれやこれやと                            

何が水彩画らしい作品なのかよくわからないままに

いろいろ試行錯誤していた頃を思い出します。


今から見るとこれもなつかしい作品です。  




「日本水彩埼玉県支部展のお知らせ」

今年も日本水彩埼玉県支部展の時期になりました。
50号1点を出品します。

  期日 2015年5月3日~5月5日
(9:00~17:00)
  会場 埼玉県寄居町「よりい会館」
寄居町寄居941-1








スポンサーサイト

築地にて

  1. 2015/04/29(水) 15:15:31_
  2. スケッチ
  3. _ comment:0
Web築地にて


築地にて F15



4月は三人展にはじまり

あわただしい日がつづき、気がつけば もう4月も終わろうとしています。

これまでのような仕事をしていなくても

一日は瞬く間に過ぎ去っていくものなのだと気がついています。




部屋を片付けていると何年か前の作品がたくさん出てきて

処分するかどうか迷っているのですが

そのときはそのときで力をつくして描いたものだから

もう少しそばにおいておこうかという気持ちに落ち着きました。


その中からの一枚です。


この「築地にて」は何年か前の東京を描く市民の会の                    

築地での例会のときのスケッチをもとに 15号サイズで描き直したものです。



築地の寺の前で元気よく客の呼び込みをしている                   

寿司屋の勧誘をする女性の声や姿、通る人のにぎわいを感じながら                

スケッチした思い出の一枚です。






Kさん

  1. 2015/04/18(土) 21:04:45_
  2. 人物を描く
  3. _ comment:0
「一人の人物を描くということは                        

その人をいろいろな角度から描いてみて

はじめてわかることがあるものなのだ」と

あるときある人から聞いた言葉が心の中にずっと残っています。



一つの方向からだけでは見えないものがあるという意味だと思います。

たくさん描いてみることの必要性を説いた言葉だったのかなとも思います。
 







輝き

  1. 2015/04/16(木) 10:38:53_
  2. 武蔵の小京都小川を描く
  3. _ comment:2
Web輝き

「輝 き」            F15


川越美術協会展が始まっています。


Web美協ハガキ

川越美術協会展会場  川越市立美術館
4月19日(日)まで 午前10時~午後5時まで
(最終日は午後4時まで)






人物を描く作品展

  1. 2015/04/12(日) 21:12:10_
  2. 人物を描く
  3. _ comment:0
Web土展


3人展と平行して公民館の人物を描く作品展に3点出品しました。


人物はむずかしいものだと常々感じています。

なかなかうまくいきませんが

熱心に描いているみなさんの中にいると

その空気から伝わってくる刺激が後押ししてくれます。


写真は会場で写したもので左から

「ひととき」20P  「ハロウィン」20P  「Sさん」 6F  の3点です。





「昆布を干す」 

  1. 2015/04/07(火) 17:38:30_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:0
Web昆布を干す

「昆布を干す」     F2


「北のさいはてを描く三人展」が終了しました。

作品展を振り返ってみて                            

いろいろな方から作品について意見を聞くことができたり

普段なかなか会えない人と会うことができたり

自分の作品と繰り返し対話をすることができ

とてもよかっなと思います。         

恵まれたひとときでした。

WeB三人展アール+



わざわざギャラリーに足を運んでいただいた皆様

ありがとうございました。

今回はやや大きい作品からハガキサイズの作品まで

28点もの作品を展示させてもらいました。



三人合わせると五十点を超える作品数で

ごちゃごちゃしておりましたが                                                          

にぎやかで活気のある作品展だったように思います。

今回の経験を次の作品づくりに生かしたいと思います。






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

風景画やスケッチを中心にして人物も描いてます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

EXHIBITION
私が参加する展覧会はこちらからご案内します。                 








↑↑ ブログランキングに参加してます。! いつもありがとうございます。 今日も良い日でありますように。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
4894位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
548位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR