「川越を描くスケッチ淡彩画展」

  1. 2016/03/03(木) 18:15:24_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
2016「絵画と木工・陶芸」によるコラボ展パート4が

川越市立美術館市民ギャラーで始まりました。

日頃から作品を研究会で見せてもらっているので

楽しみにしていた作品展です。

WEB50号サイズ


展示されている40点がすべて川越を描く水彩画

スケッチと言ってますが水彩画の高いレベルの作品ばかりです。

一つ一つ見ていると                               

これはどこの風景なんだろうと感心する作品が並んでいます。

WEB現場スケッチ


ダーマトで描く6号くらいの現場で仕上げている作品と                      

鉛筆で細部まで追究し、質感の表現が見事な30号、50号の作品と       

見応え十分な作品展です。

2016「絵画と木工・陶芸」によるコラボ展パート4は3月6日(日)まで
川越市立美術館市民ギャラリー

スポンサーサイト


<< 冬の金鶏山 | BLOG TOP | 絵画と音楽と>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

身近な風景をスケッチや水彩画で描いています。時々美術館・ギャラリーめぐりの紹介

                 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑↑ よろしければ、応援のクリックをお願いします。!! 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
381位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR