小野浩写真展「ネパールを歩く・・・」~ヒマラヤの輝く瞳に出会って~を見る

  1. 2017/07/01(土) 09:55:11_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
オデッサ

毛呂山町のギャラリーで開催中の詩人の小野浩氏の

ネパールの写真展を見て来ました。

案内によると2000年、ネパールの登山家、田部井淳子さんの「エベレスト登頂25周年パーティー」があり、参加させていただいたとき、カトマンズやポカラを歩き、「輝く瞳」に出会った写真の作品展です。                        


輝く瞳2



考えてみるとこれらの写真は今から                        

17年前に撮影されたということになりますが                   

とても新鮮で迫ってくるものがあるのはなぜなのだろうと              

考えながら一枚一枚見せてもらいました。



輝く瞳


ヒマラヤの子ども、瞳、 に焦点をあてて撮影している姿に

小野氏の思い、情熱、伝えたいものが写真を通して語っているように思います。   

私もヒマラヤの「輝く瞳に出会って」よかったなと思います。        

ありがとうございました。



また、坂戸市のギャラリー月桂樹では

日本水彩展や東光展で活躍され、日展にも2年連続で入選している村松泰弘氏の個展が開催され

水彩画の100号の力作をいくつも見せてもらうことができました。                 

圧倒的な力量と絵に向かうエネルギーに驚愕の思いで見せていただきました。

精力的に描かれているたくさんの作品に圧倒されるとともに

会場の作品全体から漂う心が洗われるようなやさしさを感じることができ

ここでもたくさんの刺激をいただくことができました。                   





私の方はこのところ「ウエスタ川越」で                      

ウニクスの商店をスケッチしています。

点景人物をライブで描くことをねらいとしてみましたが                     

まだまだ練習が必要です。            



えんぴつデッサン



スケッチの中に人がいると絵の雰囲気が変わります。                          


ウニクススケッチ



さらに精進したいと願うところです。                    

スポンサーサイト


<<紫陽花の咲く頃 | BLOG TOP | 淡路坂スケッチ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

スケッチや水彩画を楽しんでいます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

                 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑↑よろしければ、応援のクリックをお願いします。!  今日も良い日でありますように。↑↑

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
366位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR