NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery


若槻紘志作品展「和の文化」素描展を見る

  1. 2017/10/28(土) 17:41:54_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
若槻展7
毎月の新日美埼玉西支部勉強会で会員の作品を精力的に指導している

若槻紘志さんの個展を見てきました。




若槻展5
「日本画の作品と手描きのポストカード」                             


若槻さんは日本画の先生ですが、水彩、油彩、

パステルその他全般にわたり

かゆいところに手がとどく的確な指導で人気があります。

私も毎月の合評会でその時々の水彩画を見てもらっていますが

作品制作に行き詰まっているときや仕上がった作品で                

自分で気がつかないでいたところを教えられることが多く、             

たいへん勉強になり、毎月指導がいただけることに感謝しています。



若槻展1
麻紙に顔彩で描いた原宿風景や川越の街並みなど                  

独特のやわらかい色調の美しさを味わうことができます。


川越の街並みを描いた作品からは今まで見たことのないアングルからの表現               

独自の視点に感心させられ、新しい発見をすることができます。


「作品を見る人がいろいろ想像できる、考えることができることが大切だ」      

という話を以前若槻さんから聞いたことがあります。

だから今回の「原宿駅舎」や「原宿NOW」の人物も何人かに               

色をつけてないのだと理解しています。

すべての人物に色がついていたら                         

全部説明されてしまうのでおもしろみのない絵になってしまいます。         

人物だけでなく、他の作品でも想像できる楽しみを作品の中から           

見つけることも今回の個展の鑑賞の楽しみです。



若槻展2

よくわからないところがあるというのは                      

絵にとって大事なことなのだと自分にも言い聞かせていますが

主題になる部分がしっかりとよく描けていなければ、それはむずかしいことなのだとも思います。




若槻展6

なんといっても人物のうまさが卓越しています。

毎月の勉強会ではモデルさんを一緒に描いていますが

モデルさんのその人でなくてはならない顔の特徴をつかみ

かわいいキュートなお姉さんに描き上げていくのでいつもホントに感心するばかりです。

今回もそんな美しいモデルさんの作品が展示されています。




若槻展3

その他、都内のデパートで定期的に展示会を開催されている

「小さい額の絵」など、一つ一つの作品がユーモラスで               

小さい額をたくさん集めていることにも感心します。     




若槻展4
巨体が真ん中にいて見苦しいのですが
左が若槻紘志さん、右はギャラリーアールプラスのオーナー永堀宣子さん、中央は私です


「若槻紘志作品展『和の文化』素描展」は川越 ギャラリー アールプラス で 10月31日(火)まで
川越市連雀町15-8 ℡080-2016-1991



若槻展8
スポンサーサイト


<< 続「コミネモミジ」のスケッチ | BLOG TOP | 「 コミネモミジ」のスケッチ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

身近な風景をスケッチや水彩画で描いています。時々美術館・ギャラリーめぐりの紹介

                 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑↑ よろしければ、応援のクリックをお願いします。!! 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
2887位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
270位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR