FC2ブログ
  • 2019_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_08

NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery


「北斎とジャポニスム展」、ロダンの彫刻

  1. 2017/12/09(土) 22:49:42_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0

国立西洋美術館の「北斎とジャポニスム展」見てきました

平日でもかなりのギャラリーで

部屋によっては落ち着いて鑑賞するという雰囲気とは少し距離があるように感じます。

展示作品の前に並ぶ人の後ろから小さな作品を鑑賞しますが

日頃から美術館では大きな作品を見ることに慣れてしまっているので

小さな浮世絵や北斎漫画を見るのはそれなりに集中力が必要です




北斎とジャポニスム



浮世絵と西洋絵画、ジャポニスム、絵の構図のさまざまと不思議さ

北斎のすばらしさ、まさにジャポニスムを十分に堪能した後に常設展の会場に移動します





国立西洋美術館は西洋の名画の常設が充実したすばらしい美術館です

しかも、いくつかの指定された作品を除けば

写真撮影OKという 驚くべき美術館です



カレーの市民 上野
「カレーの市民」  ロダン                                                                 フランスの町、カレーの存亡の危機を救うため、自ら進んで犠牲となった14世紀の市民6人を記念するためにつくられた群像彫刻
                                                                                 

美術館中庭や室内のロダンの彫刻のすばらしさに改めて感動です               


地獄の門 と銀杏
「地獄の門」  門の上方中央は「考える人」


銀杏が黄色く輝き、落ち葉が風に舞い落ちるなかで                 

ロダンの彫刻が輝きを見せてくれました                                                          

「考える人」は圧倒的な存在感で見る人に迫ってくるものがあります

考える人と銀杏
   紅葉の銀杏を背景に  「考える人」
スポンサーサイト


<<水上公園スケッチ | BLOG TOP | 垣根のからすうり>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
      
スケッチやクロッキー、水彩画などを描いています。ときどき、美術館、ギャラリーめぐりなども紹介しています。

                 


にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

↑↑ よろしければ、応援のクリックをお願いします。!! 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3690位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
332位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR