FC2ブログ

NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery


「熊谷守一展」を見る

  1. 2018/02/14(水) 23:12:13_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:0
熊谷守一展

「熊谷守一展 生きる喜び」 を東京国立近代美術館で見てきました

わかりやすい作品が多く、今回の展示で新しく知ったことも多々あります

熊谷守一の生涯と作品を短時間で見てまわり                    

ところどころにある作品解説に導かれ                       

美術展のおもしろさということも感じることができました



「景色を見ているでしょう そうすると それが裸体になって見えるのです
つまり景色を見ていて裸体が描けるんです 同じようにまた裸体を見ていて景色が描けるのです 裸婦と風景画の光と影の描写を行き来しながら生み出された・・・」


新鮮でおもしろい言葉と感じます


初期の作品を展示しているコーナーで一人の若い男性が               

絵の前に立って鉛筆でスケッチブックに作品を模写していました

見るとかなり描き込んでいて

最近の東京で見る美術展ではめずらしく なつかしい光景です



モリカズ様式と呼ばれる風景の中の赤い輪郭線も                 

実際の作品で見ると納得できて理解できるので不思議な感じがします

物の輪郭に赤い線を描くようになり、                       

明るい色彩とはっきりとした形を特徴とする作風が定着していったように感じます


yjimageWAHMMPY7.jpg



最後の部屋に展示してある太陽を描いた一連の作品の前に立つと                

なんとも不思議な気持ちになります。75歳を過ぎてからの作品のようです                                              


「生きていたいと思いますね。・・・・命が惜しくなかったら見事だけれど、残念ながら惜しい」


この太陽の一連の作品は 晩年にいきついた                       

ひとつの典型といえる作品ではないかとも考えます         


帰りにショップで買った「もっと知りたい熊谷守一」の中にある
 

結局 絵などは自分を出して 自分を生かすしかないのだと思います                                                                                              
熊谷守一  「へたも絵のうち」より


という言葉は                                                  
                                                         
「絵を描くとは」 ということを考えるひとつのヒントかなと感じます                                                        





スポンサーサイト


<< 「スケッチ淡彩 川越を描く」総集編+コラボ展 | BLOG TOP | ルノアール展>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市                   

身近な風景をスケッチや水彩画で描いています。

                 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑↑ よろしければ、応援のクリックをお願いします。!! 

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
4569位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
417位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR