「追憶のマテーラ」

  1. 2015/10/05(月) 15:44:55_
  2. 新日美埼玉西支部
  3. _ comment:2
Web追憶のマテーラ

「追憶のマテーラ」    40F  (2015 新日美展出品)



イタリアを旅したときの印象をもとに                      

40号にまとめています。

何年かかけて描き込みをくりかえしています。

水彩紙のワーグマンは値段の高い紙ではありませんが                                              

意外と描き込みに強いことがわかり驚きました。


ギャラリートークでは外部審査員の元東京造形大学教授・芳賀文治先生から

「大きいサイズでこの題材にもう一度取り組んでみてもいいのではないか」

「手前の建物を大きくとらえて後ろの建物との違いを明確にしてみては・・・」             

という 指摘をいただきました。




東京都美術館の壁面では40号は小さすぎて

大きな作品の谷間に沈んでしまいます。

アクリル板が入っているので

写真に撮ると光線や背景の影が写ってしまいます。




WEbギャラリートーク

こちらはもう一点出品した「秋色に輝く」の60F



ギャラリートークの芳賀先生から

山の表現について

「もうすこしはっきり描いてもいいのではないか」との指摘

なかなかむずかしいところですが                                                            

次の課題をいただいたようなような気がします。




にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村 にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


<<子ども作品展 | BLOG TOP | ジンジャーの花>>

comment

  1. 2015/10/10(土) 08:35:59 |
  2. URL |
  3. トド
  4. [ 編集 ]
どちらも素晴らしい作品ですね。上の建物の作品、光と影を丁寧に追っていて油彩のような重厚さを感じます。色彩の統一感があって画面の緊張感も出しているのでしょうか。
下の山の絵は透明感がある水彩らしい雰囲気が素敵です。手前のすすきも見事ですね。
60号は凄いです。

いつも見ていただいてありがとうございます

  1. 2015/10/11(日) 12:44:34 |
  2. URL |
  3. S.sanpo
  4. [ 編集 ]
トドさん、いつも見ていただいてありがとうございます。
一枚の作品を何回か修正しているのでだんだんしつこくなって油彩のようになってしまっています。水彩の良さは2度、3度程度の重ねでできるさらっとした美しさだと思うのですがなかなか願い通りにいかないものです。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

スケッチや水彩画を楽しんでいます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

                 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑↑よろしければ、応援のクリックをお願いします。!  今日も良い日でありますように。↑↑

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
3746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
366位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

フリーエリア

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR