NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery

「あきずに」 「楽しみながら」


古城のほとり

  1. 2015/11/29(日) 17:35:16_
  2. 美術館・ギャラリー
  3. _ comment:2
Web古城のほとり


古城のほとり 40F
(2015 小山敬三記念小諸公募展出品)


小諸城懐古園三の門です。

現在はこの門の右と左の木はなく切り株が残っています。

何年か前まではこの大木があって                          

風情のある魅力的な光景でした。                

枝が落ちて観光客が怪我をしてはいけないという配慮からのようです。



小山敬三記念小諸公募展は先日終了しました。

会期中の一ヶ月で1500人の入場者があったそうです。



高速道路の軽井沢出口あたりからいくつかのトンネルを抜けて

佐久平を越えたところから

右側に浅間山のなだらかで雄大な風景が目にとびこんできます。

いつ見てもこの景色はなんともいえず魅力的です。



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト


<< 北上川 | BLOG TOP | 続 「追憶のマテーラ」>>

comment

  1. 2015/11/29(日) 20:05:44 |
  2. URL |
  3. トド
  4. [ 編集 ]
こんばんは。小山敬三画伯は浅間山を力強く描いた作家ですよね。懐古園の隣りに記念館がありますが、どこで展覧会があったのでしょうか。
この絵も存在感があり、秋の穏やかな空気を感じる作品ですね。見上げた構図が絵の大きさを感じさせます。

Re: タイトルなし

  1. 2015/11/30(月) 10:24:11 |
  2. URL |
  3. S.sanpo
  4. [ 編集 ]
おはようございます。トドさん、いつも見ていただきありがとうございます。また、「空気を感じる」とほめていただきありがとうございます。今回多忙だったこともあり、最終日に搬出を兼ねて見に行っただけで、作品展についての案内は特にはしませんでした。小諸インター近くの小高い山の上にある小諸高原美術館が会場で、29回目になる作品展ということです。浅間山を描いた絵がたくさん出品されています。浅間山を描きたいと思っていますがどこから見るのがいいかで迷うところです。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

S.sanpo

Author:S.sanpo
埼玉県川越市在住                   

若い頃は油彩画を少し描いていたこともありますが、今はスケッチや水彩画を楽しんでいます。どこにでもあるような普通の風景に魅力を感じます。気楽に感想を寄せていただけると幸いです。

                 








↑↑ ブログランキングに参加してます。! いつもありがとうございます。 今日も良い日でありますように。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
5209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
540位
アクセスランキングを見る>>

蝶が舞うリースの時計

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR